• ホーム
  • 勃起不全は薬を使い過ぎても問題なし

勃起不全は薬を使い過ぎても問題なし

薬を飲む男性

勃起不全の治療薬には習慣性がないので、使い続けても特に問題はありません。
長期連用による副作用はありませんが、薬を使い過ぎるのは得策とは言えません。
確かに薬を服用すればすぐに勃起してくれますが、薬に依存すると根本治療が疎かになりますし、何よりも高額な費用がかかります。
ED治療薬は今後も保険適用となる見通しは立っていません。
最安値クラスの薬でも、医療機関で処方を受けると1,000円くらいします。
月に10回のSEXをすれば、1万円もかかってしまいます。
理想的な治療法は、薬を服用しなくてもSEXができる状態にすることです。
高齢の方ならば仕方ありませんが、中年世代では薬に頼らなくてもどうにかなります。
薬に頼らないためには、精力剤も組み合わせてみるといいでしょう。
精力剤は勃起不全の治療薬ではなく、健康食品に属するものです。
副作用の心配がありませんし、価格も1ヶ月3,000円程度ですみます。
長く飲み続ける必要があるので、高すぎるものは避けましょう。
製薬会社が販売する精力剤ならどれを選んでも失敗はありません。
精力剤を飲み続けていると、射精時のドクドク感が強くなってきます。
身体の巡りをよくする成分が含まれており、勃起時に陰茎海綿体を膨張させるのです。
薬のような即効性はないので、継続的に飲んで体質を改善していきます。
体感までの期間は、平均して1~3ヶ月くらいです。
体質改善をして勃起不全を治す場合は、数ヵ月はかかると考えましょう。
飲んで数日で効くなどと過大アピールするサプリは避けるべきです。
薬効成分を含んでいない以上は、効果や即効性をアピールすることはできません。
体感するまで地道に飲み続けることが大切なのです。

関連記事
バイアグラが服用不可なら手術で勃起不全を治療できる 2020年06月23日

勃起不全で悩んでいる方の中には極端な低血圧や高血圧、脳梗塞の病歴があったりなどしてバイアグラを服用できない方もいます。元々、狭心症を治療するお薬の臨床試験時に偶然発見されたお薬なので、心臓や血管に多少なりとも負担をかけるから仕方がないのです。でも、子作りのために必要だ、妻をもう一度満足させてあげたい...

ゼネグラとムイラプアマを通販サイトで購入 2020年05月21日

ゼネグラはED治療薬であるバイアグラのジェネリック薬品になります。ゼネグラ100mgは、通常バイアグラに含まれている成分の2倍になりますので、これを二つに割って服用するとコストパフォーマンスもよくなるでしょう。ジェネリック薬品そのものが、安価ですので、ジェネリック薬品は医療費を抑えることができます。...

カマグラ発泡錠やメガリスでナイトライフを充実 2020年04月20日

勃起不全に悩む方は多くいらっしゃいますが、自分だけの問題ではなく、パートナーとの信頼関係にも関わってくる大きな問題です。こうした勃起不全を解消することができるのがED治療薬です。日本で承認されている治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスがあり、これはクリニックで診察を受けた後に処方してもらうことが...

勃起不全の改善になるメガリスの用量 2020年03月20日

メガリスはタダラフィルを主成分とした勃起不全の改善になるシアリスのジェネリック医薬品になります。タダラフィルは他のED治療薬にはない飲酒や食事の影響を受けないといった特徴をもち、効果の持続時間も長いため世界的に広く使われている成分でもあります。それを含んでいるメガリスはバイアグラやレビトラといったE...

勃起不全になる前に生活を見直す 2020年02月29日

勃起不全は今日・明日で発症することはありません。少しずつペニスの元気が衰えていくので、自覚しようと思えばはっきりとわかります。自分はまだ大丈夫と根拠のない自信を持たず、5年前、10年前の勃起力を思い出してみましょう。ペニスの角度や硬さは今よりも確実に上だったはずです。加齢により徐々に減退していくのは...